DNS(Domain Name System)

簡単に言えば、ドメインからIPアドレスへ変換(正引き)するサーバです。
実際には、IPアドレスからドメインの変換(逆引き)も行いますが、表面上あまり使われていないように見えますので、最初は気にしなくて良いと思います。
# 表面上使われていない様に見えるだけで、実際はそれなりに使われています。

主な機能として、ドメインの名前解決(フルサービスリゾルバ)と独自ドメインの管理(スタブリゾルバ)があります。

フルサービスリゾルバ(Full Service Resolver)

ドメインは階層構造で管理されてます。
その為、階層構造に則りドメインの名前解決を行う事になります。

例としてwww.example.co.jpの名前解決(正引き)を行う場合、問い合わせを受けたDNSサーバは、自分が管理しているドメインではない事を確認後、ルートサーバへ問い合わせを行います。
ルートサーバは、トップレベルドメインを管理しているDNSサーバのみ設定されていますので、該当のトップレベルドメインのDNSサーバとIPアドレスを通知します。
問い合わせを受けたDNSサーバはこれを繰り返し、example.co.jpを管理しているDNSサーバを見つけ出し、www.example.co.jpの名前解決を行います。

dns1.jpg
  1. 端末はリゾルバとして指定されているDNSサーバへwww.example.co.jpの名前解決要求をを投げます。
  2. 受けたDNSサーバはルートサーバへ、www.example.co.jpのAレコードを問い合わせます。
  3. ルートサーバはwww.example.co.jpのAレコードは不明の為、jp.ドメインを管理しているDNSサーバのNSレコードを通知します。
  4. 返答を受け取ったDNSサーバは、jp.ドメインを管理しているDNSへ、www.example.co.jpのAレコードを問い合わせます。
  5. jpドメイン管理DNSサーバはwww.example.co.jpのAレコードは不明の為、co.jp.ドメインを管理しているDNSサーバのNSレコードを通知します。
  6. 返答を受け取ったDNSサーバは、co.jp.ドメインを管理しているDNSサーバへ、www.example.co.jpのAレコードを問い合わせます。
  7. co.jp.ドメイン管理DNSサーバはwww.example.co.jpのAレコードは不明ですが、example.co.jp.ドメインを管理しているDNSサーバのNSレコードは、設定されている為、example.co.jp.のDNSサーバのNSレコードを返します。
  8. 返答を受け取ったDNSサーバは、example.co.jp.を管理しているDNSサーバへwww.example.co.jpのAレコードを問い合わせます。
  9. ns.example.co.jpでは、www.example.co.jpのAレコードが設定されている場合、設定されているIPアドレスを返します。
  10. DNSは、www.example.co.jpのIPアドレスが判明した為、結果を端末へ返します。
 

IPアドレスの逆引きに関しては、IPアドレスの逆引きをご参照下さい。

スタブリゾルバ(Stub Resolver)

独自ドメインを運用する場合、DNSサーバを管理・運用する必要があります。
その為、DNSが必要になりますが、一般的にはISCよりフリーで提供されているBINDを利用する事が多いようです。
BINDはUNIX系OSにて作成されたDNSですが、Windows版もフリーでダウンロード可能です。

またWindows NT系では、標準DNSがあります。
こちらを利用し運用する事も可能です。

Macintoshにも専用DNSはありましたが、OSXになってからLinuxにBIND8が入っている事から、BINDを使う方が安定するかと思います。
# 標準搭載のBIND8には、セキュリティ上の問題がある可能性がございます。
# 使用する際は、最新のバージョンへ更新後利用する事をお勧めいたします。

使用するポートはTCP/UDPの53番を利用します。
独自ドメインの名前解決の要求は、UDP/53番のみ利用します。
セカンダリDNSからSOAレコードのシリアル番号の確認は、TCP/53を利用します。


添付ファイル: filedns1.jpg 24件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-04 (月) 16:39:23