WEB(EyeCatch)

RSSとRSS ReaderとAndroid

Linuxのお勉強に自鯖を立ててます。(URLを見て貰えれば分かる様に、このBlogがある鯖です)
ただ、見ての通り閲覧者もいない、さびしいBlogなので、鯖が暇してます。
現状は、完全にWCG専用になってます。。。

なので、サーバー設置型のRSSリーダーでも置いて、有効利用しようと思います。
昔はFresh Readerを使っており、動作も問題無いのですが、スマホに対応して無いのが辛いですね。
あと、携帯向けURLで見ても、既読にならないのも、ちょっと嫌かな。。。
と、言う事で、他に無いのか探してみた所、いろいろあるんですね。

見つけた物全てを設置して検証すれば良いのですが、めんどくさいので、スクリーンショットやスマホの対応状況、最終更新日から、TinyTinyRSSと言うのを使用する事に
ちなみに見つけたRSSリーダーと、調べた限りの感想をまとめてみますね。

  • TinyTinyRSS
    • PHP+SQL
    • Android App対応
    • 動作に問題無いが、登録feedが多いともっさりするらしい
    • Google RSS Readerに似ているらしい
  • rsslounge
    • stylish!!かっこいい
    • で、feedはどうやって読むの?
  • FEED on FEEDS
    • これ書いているとき、サーバーが落ちてた。。。
    • 既読にするまでの作業がめんどーそう
  • Lilina
    • シンプルだなぁ。
  • Gregarius
    • PHP+SQL
    • WordPressちっく
    • WordPressのPluginが作れる人は、カスタマイズが楽そう。
  • fastladder
    • Ruby
    • LivedoorReaderがOpen-source化した物らしい
      LivedoorReader好きなら、良いかも

(PHPで探したので、これだけですが、他言語でもいろいろあるようです)

ここで終わっても良いのですが、TinyTinyRSSの設置方法についてメモってみる事に
ちなみに、レンタルサーバーにおく場合、規約違反とかにならない事を確認した方が良いと思います。
個人的には、VPS以外のレンタルサーバーに置く事には否定的な人なんで、やるなら自己責任でどうぞ

なんか、Wikiがあるらしいんですが、404だった。
でも英語で解説してるページもあったんですね。英語をちゃんと読もうとしない駄目駄目な自分。。。

  1. さくっとDownloadから落として、さくっと解凍しちゃいましょう
    tar.gzが解凍出来るなら、Windowsでも全然OK。
    ついでにサーバーにアップロードしちゃえ。
  2. SQLにTinyTinyRSS用のユーザーとdatabaseを作っちゃおう
    MySQLならこんな感じかな

    mysql -u root -p
    create databases tt-rss;
    grant all privileges on tt-rss.* to tt-rss@localhost identified by 'password';
    exit

    le!?レンタルサーバーだからコマンド打てない?
    php My Adminか何かで、データベースだけ作れば良いんだよ。

  3. 作ったデータベースにデータを登録しちゃおう
    すみません。自分手抜きで、php My Adminからアップロードしたんです。
    schema内に、MySQL用とpgSQL用があるので、こいつを適用すれば良いみたい。
  4. config.php-distをコピーして、config.phpにりネームしちゃいましょう
    cp config.php-dist config.php
  5. config.phpを編集しちゃおう
    編集するのはここだけ良いはず

    define('DB_TYPE', "pgsql"); // or mysql
    define('DB_HOST', "localhost");
    define('DB_USER', "fox");
    define('DB_NAME', "fox");
    define('DB_PASS', "XXXXXX");

    MySQLを使っていたら、DB_TYPEはmysqlかな
    それ以外は、さっき作ったので大丈夫なはず。
    レンタルサーバーなら、指定されている物を入れれば良いはず。
    でも、DB_NAMEはphp My Adminで作成したデータベース名を入れてね

  6. サクッとアクセスしちゃおう!
    ブラウザからアップロードしたURLにアクセスするとユーザー名とパスワードを求められるので、admin/passwordでログイン
  7. いっぱいエラーがでた。。。Windowsで解凍した場合、仕様です。
    指定のディレクトリやファイルのパーミッションの変更すると、エラーは出なくなるよ。
  8. エラーが出なくなったら、おめでとう。完成だよ。
    ちゃんと、[設定(preferences)]-[Users]からadminのパスワードは変更しとこうね。
    ついでに、常用するアカウントも作っちゃっても良いかもね。ね。
  9. daemonも登録しとこう!
    サーバー型のRSSリーダーなら自動でクローラーに回って欲しいよね。
    なので、crontabに下を書いとくとdaemonとして起動してくれて指定の時間にクローラーが回ってくれるよ

    @reboot root /etc/bin/php/ tt-rss格納ディレクトリ/update.php -daemon

    (rootじゃない方が良いかもね。普通ならapacheかな)

    レンタルサーバーなら。。。どうしようね。諦めるしかないかもね。

ちなみに、TinyTinyRSS自体のアップデートがある様ですが、コマンド一発で簡単にアップデートできます。

/etc/bin/php tt-rss格納ディレクトリ/update.php -update-self

SQLのバックアップを取れとかいろいろ言われますが、無視してアップデートしちゃったf^^;
コマンド投入後、ブラウザでアクセスしadminでログインすると、アップデート完了です。
らくちんですばらしい!!

le!?レンタルサーバーの場合、どうするか?ちゃんと英語の解説ページでマニュアルアップデートの方法も書かれているから、見ると良いかもよ!

・・・・・・

途中から、人格変わりましたね。
この位ラフな口調の方が、読むほうも気楽で良いだろうと、本気で思ってるので、許して下さい。

tt-rss_SS

最後になりましたが、使ってみた感想です。

既読の管理が一番の懸念事項でしたが、自動で既読になる設定にすると、タイトル見ただけでも既読になってくれるので、自分としては結構満足です。

また、Androidでのアクセスも良い感じです。
専用APもあるようですが、個人的には使いづらかったので、そのままブラウザからアクセスしてます。

それほど、RSSの登録はしていないので、今のところもっさり感も感じてません。
これから増えて来るとどうなるか分かりませんが、元々大手ニュースサイトとアレゲ系なサイトしか登録しないので、大きく増える事も無いでしょう。

MySQLを使っている為か、HDDのガリガリ音が気になりますが、こればっかりは仕方無い。
しっかりHDDも消耗品だと言う事を忘れないようにしたいと思います。

1 thought on “RSSとRSS ReaderとAndroid

  1. ピンバック: TinyTinyRSSとmysql.sockとlockファイル | Tok@ge_RNA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です